撮影:廣田達也


映画「ディスタンス」監督岡本まな×シンガーソングライター柴田聡子対談
映画「ディスタンス」のロングラン上映を記念して、岡本まな監督と監督の古くからの友人でもある柴田聡子さんの対談を公開します。ディスタンスが描く愛とは?お互いの創作の根源とは?ありのままに語っていただきました。

—まずは柴田さんに映画「ディスタンス」の感想をお願いします。

(柴田)
めっちゃ笑えるし、しみったれてなくて良かった。一見重いテーマなのにスカッとしてる映画だなと思いました。全体通して、映画として成り立っていることが凄すぎるというか、私は恥ずかしながら映像学科にいたのですけど、ディスタンスの編集のあの雰囲気とか、何を繋いでもいいようだけど、なんでもいいわけじゃない。あの感じはかなり奇跡的なんじゃないかと思います。見れるものになるかならないかの紙一重の感じ。だからああやって見れるものになって、知らない人の前で上映されて、みんなが観る。それ自体がもう凄い。映画祭にまで行って…。ディスタンスみたいな映画をこうやってみんなで観ることってあんまりないことだろうなって思う。まなちゃんと話しながら一緒に笑い合っているようで、きっとまなちゃんの友達は映画を観たら同じ気持ちになるんじゃないかな。単純にすごく面白かったけど、いろんな人にはどう伝わるのだろうって、良い意味で思えます。シーンてしても、印象に残るところとか、ミラクルはいっぱいあると思うのですけど、ミラクルショットみたいのって、撮れる人は撮れる感じがするから、ああやって繋がって最後1個何か残すっていうのが1番すごい。

(岡本)
うれしい。ありがとう。

(柴田)
監督を知ってるとね、またいろいろ見方違うけど。とにかくほんと鼻毛が、鼻毛が、鼻毛がって思って。

(岡本)
ズームして気づいた。

(柴田)
ズームをすんなよと(笑)。本当にそこなんだと思った。シリアスになりがちなあのムードをよくぞ、よくぞ、ズームしてくれたと思った。あの鼻毛のズームで全部が解決してるようだった。

(岡本)
お父さんに対する見方とか、ね。

(柴田)
本当ズームがあってよかったって感じ。力なく。

ディスタンス予告編

—ありがとうございます。とても良い感想を頂けたので、今度は岡本監督から柴田さんへの曲や歌詞の感想は改めてありますか?

(岡本)
聡子ちゃんの音楽は曲もすごく好きなんですけど、詩が特に印象的で、うまく入ってくる。曲と歌詞の絶妙なバランスとか、何気なく聴いてる最中にあ、わかるな、、って共感する部分とか、そういうのが結構あります。聡子ちゃんが一人で思い悩んでる姿を私はいっつも浮かべるんですけど、一人の女の子の生活とか考えてることが見えたり、想像出来たりしながら聞けるのがすごい。物語みたいのがあるような気がします。なんだろう…、映画じゃないけど映像みたいのがすんなり入ってきて…。インパクトのある言葉をドンって使ったりするのではなく、流れるように染み入るように言葉が入ってきて、で時折胸が熱くなったりする時が来たりして、自分の中では映画と似てる部分があると思う。すごい好きな映画観たときの感じと聡子ちゃんの音楽は似てる部分があると思う。

(柴田)
うれしー!

柴田聡子 3rd アルバム『柴田聡子』より「ぼくめつ」のミュージック・­ビデオ

—柴田さんは岡本監督が映画を作るって話を聞いて、どう思われましたか?

(柴田)
ずっと映画を作りたいとは聞いていて、昔出て欲しいってオファーも受けたんです。でもそのオファーがすごくふわふわしてて。え?いけるのこれで?みたいな(笑)でもまなちゃんは自信ありげに「いけると思う」って言っていて。で、結局その時は私なんかが…って断ってしまったのだけど…。でもだから今回本当に映画ができて、しかもそれがめっちゃ良かったっていうのが嬉しい。ディスタンスがすごく良かったから、あの時「ふわふわしたオファーだな」と思って出演オファー断ってしまったけど、もしかしたら、当時からとてつもない才能を発揮してうまくいってたのかも知れないなって思えて、当時の自分とまなちゃんにごめんって思った。

(岡本)
私も以前ふわふわした出演オファーしてしまって聡子ちゃんに対して申し訳ない気持ちもあったから、早くディスタンスを見せたいなって思ってた。

(柴田)
ありがとう。

—岡本監督は以前はどんな映画を作ろうとしてて、なんで柴田さんに出演して欲しいと思ったのですか?

(岡本)
聡子ちゃんと私の女の子二人の話を想像してて…。

(柴田)
設定が女子高生だった(笑)!

(岡本)
そう(笑)

(柴田)
すでに24歳ぐらいで、そもそも女子高生いけるのかみたいな(笑)

(岡本)
とにかく何か表現したいって気持ちでいたのかな。それでイメージは自分の中にあったんだけど、実際にそれを形にするっていうのがなかなか実現できなくてそのままになっちゃったんですけど…。常に衝動はあったんだけど。

(柴田)
衝動があるのに行動にもなんなかったしね。

(岡本)
ねえ…。モンモンとしてた。

—衝動についてもう少し詳しく話を聞きたいのですが、歌や映画を作りたいって思っていても以前の岡本監督のように中々作れなかったり、作っても観てもらったり聴いてもらったりする機会が必ずしもあるわけでもないのに、なぜ作れたのか、なぜ作りたいと衝動が起きるのか?お二人の話を聞かせてもらえますか?

(岡本)
なぜ作りたいとおもうのか。どこかで私生活にすべて満足しきれてない、モンモンとした部分があったからなのかなーって気がします。孤独感みたいなものがあるからかな。それを何か表現に変えないと気が済まなかったのかな。

(柴田)
モヤモヤしたものがあったんだよね。

(岡本)
うまく発散できればいいんだろうけど、それもなかなかできなかったりとかしてるのかな。

(柴田)
私もまなちゃんが言ってくれたことに近いと思う。そのモヤモヤに気づいて、でも気づいたところで、何かしようとはなかなか思えなくて…。たまたま運が良かったんだよね。まなちゃんが女優とか映画とかに何となく出会って、私は音楽に何となく出会って…。何となく向いてて、続けられる気がして、続けて…。無理やりそうしたんじゃなくて、自然と得意な物にたまたま出会えて、たまたま道筋がやってきて、たまたま自分にもモヤっとしたものがあって…。
結構ラッキーだね。運が良いんだと思う(笑)

(岡本)
そういうモヤモヤを、表現で好きなものに還元しているのかな。何かしたいけど何がいいんだろうって悩む人も多いと思う。自然と進んでいけたのは運が良いね。

—お二人はお互いの創作活動に対してどう思っていて、どういう違いがあると思いますか?。

(岡本)
私は音楽やってる人すごいなって思います。絶対に自分にはできないし、音楽が好きだし聞くけど、自分で音楽を生み出すっていうのは考えられない。すごいなってものしかない。尊敬します。どういうふうに作っているのだろうっていつも思います。同じ表現でも全然物の作りが違う。

(柴田)
説明つかないんだろうね。映画の人に対して私も同意見です。やり方が分からない。映画の人は独特な組み立てのバランス感覚を持ってやっているのだろうなって思う。映画以外でもあらゆるジャンルが謎だし、尊敬してる。

(岡本)
聡子ちゃんは作詞、作曲全部自分で作ってて、その抜群なメロディと詩が重なること自体が奇跡だなって思うんだよね。だからどういう風に作っているのか気になっちゃうね。

(柴田)
みんな独特の魔法のかけ方を持っているっていうのはすごいよね。かけまくってるもんね。謎でしかないよね。

(岡本)
みんな何かスイッチがあるんだろうね。

—最後に映画「ディスタンス」のテーマに対する話が出来ればと思います。家族とか愛とかその辺りについてお二人のお話を聞かせてもらえますか?。

(岡本)
どうしようか。家族か愛か。

(柴田)
でも私最近愛来てる。

(岡本)
じゃあそっちにしよう。

(柴田)
家族も来てる。

(岡本)
それも共通してるんだ。

(柴田)
当たり前に来てる感じがする。

(岡本)
なんか、すごい感じる瞬間とかあるよね。

(柴田)
あるー!

(岡本)
バーッて!これが愛かみたいな。

(柴田)
もう愛こそ全てみたいなね。

(岡本)
愛こそすべて。

(柴田)
本当に愛こそすべてだよ。どういうテンションで言ったらいいかわからないから言わないけどね、愛こそすべてとか。そんなエモいこと言っていいのかな。

—まさに映画の中でお兄さんが「全て愛なんだよ」っていうときの瞬間が2人にもあるのですね。そういった瞬間を感じてない人も多いと思うので、愚問かもしれないですけど、具体的にはどんな感覚なのでしょうか?全て愛なんだって感じるときというのは…。

(岡本)
なんだろう、安堵感みたいな。深い安らぎのような。多分お兄ちゃんも奥さんのゆいと出会って、ものすごい心やさしい人なんですけど、それで今までずっと愛とは真逆の生き方をしてきたのが、どんどんどんどん溶けてって、で、多分お兄ちゃんが「全て愛なんだよ」って言ったあの瞬間っていうのは、奥さんとの今までを振り返ってて、それがあの映像に映し出されてた気がしましたね。ゆいと出会ってからもう見るからに愛を実感して生きているようで、いつ死んでもいいって多分お兄ちゃんは今も思ってると思うんだけど、それは良い意味でこの幸福感ならいつ死んでももう何の後悔もないような満たされた雰囲気になっていていて、まさにそういうのが愛なのかなって。そういう状態。愛っていうものはうまく言葉では説明できないけど…。

(柴田)
そうだね。愛ってなんだかわからないけど、愛って言葉があってよかったって感じぐらいの漠然とした感覚かもね。ポジティブなこと以外もネガティブなことも愛だと思う。

(岡本)
もう宇宙みたいなね。

(柴田)
ほんとに広すぎて。

(岡本)
時間を超えたりもするし、愛は。いきなり呼び戻されたりもあるし。それがディスタンスでも描けた気がしますね。呼び起された愛。

—最後にお互いに一言ずつお願いします。

(岡本)
聡子ちゃんはもう世に出ていく人だと思っているので友達だってことみんなに自慢したいね。函館の人とかに。ちなみにね、うちのお父さんは聡子ちゃんのCD持っているんだよ。コレクター棚にあるよ。

(柴田)
ありがとう。お父さん、すごいマニアックだね…(笑)。うれしいですね。いつか遊びに行きたいですね。

(岡本)
函館に遊びに来てほしい!

(柴田)
まなちゃんには、とにかく体に気を付けてっていう。健康第一ですよ本当に。目前の大仕事って感じするもんね。何があっても元気で行きましょ。元気に楽しく。

(岡本)
がんばろう。健康が何よりだからね。健康第一。

(柴田)
健康第一だね。ガツガツやりましょ。

柴田聡子
1986年札幌市生まれ。大学時代の恩師の一言をきっかけに、2010年より都内を中心に活動を始める。ギターの弾き語りでライブを行う傍ら、2011年夏と冬に自身で録音した2枚のデモCD(計20曲)、2012年6月三沢洋紀プロデュース多重録音による1stアルバム「しばたさとこ島」を、2013年8月にはバンドサウンドによる12インチ・アナログレコードシングル「海へ行こうかEP」を、2014年6月には再び自身で録音した2ndアルバム「いじわる全集」を発売。演劇の祭典、フェスティバル/トーキョー13では1時間に及ぶ独白のような作品「たのもしいむすめ」、雑誌「文學界」に文章を発表するなど、歌うことを中心に活動の幅を広げつつある。2015年は6月に2種類のライブアルバム発売を経て、9月、山本精一プロデュースによる3rdアルバム「柴田聡子」を発売。